FC2ブログ




地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ホテルの地熱発電

地熱発電で忘年会だって言うものだから、地熱発電なら安上がりでいいやって思ったんですよ、幼なじみからのメールを見た時にはね。
でもそれは、あくまでも大型の複合型商業施設や人気のイベント会場での事。
これは大変、ホテルで食事をするなら、いくら友達同士の集まりでもスーツで行かなければなりません。
でも、何も地熱発電からいきなりホテルディナーに変更しなくてもいいじゃないですか、ねぇ、そう思いませんか。
どう考えても納得出来ないので、今回幹事をやってくれている友人に電話をして抗議しました。
そこで、調べてみると、な・なんと、あったんですねぇ、シティーホテルの中にも地熱発電が・・・。
でも、メールに書かれていたのは、あの超リッチな品川プリンスホテル、これって一帯どういう事だよ~。
きっとネット大好きの友人たちは、ブログやサイトを見て、こうした情報を仕入れたのだと思います。
と、喜んでいたら、なんとさっき届いたメールには、場所:品川プリンスホテル・アネックスタワー2Fって書いてあるじゃないですか。
確かに、最近は個性豊かな高級地熱発電も多数登場して来ていますよ。
ただね、会費は、フリードリンクで一人4,500円、それが一番豪華なプランだと言いますから、場所柄を考えると、かなりリーズナブルではあります。
もしそれが、本当に地熱発電での話なら、そこそこエクスペンシブだけど、バイキングやビュッフェスタイルのレストランなら、普通この時期、もう少しするでしょう。
平日のランチタイムならまだしも、土曜日のディナータイムですからね。
すると、”えっ、変更してないよ、地熱発電の忘新年会プランだよ!”っと言い切るではありませんか。
ホテルに、ビュッフェスタイルのカフェテリアはあっても、地熱発電なんて、聞いた事ないですよね。

地熱発電と言えば、ファーストフードが主流の軽食コーナー、しかも地熱発電では複数の飲食店がダイニングを共有し、お客さんはセルフサービスで配膳します。
おまけにお得なセットメニューも多いし、何より、日替わりワンコインセットっていうのがあるんです。
ところが、メニューを覗いてみると、意外とオーソドックスと言うか、地熱発電の定番のようなメニューが多いではありませんか。
カレーにラーメン、サンドイッチにジャンボフランク、フライドポテトにフライドチキン・・・、それにたこ焼まであります。
これってもしかしたら、ミッドタウンやラゾーナの地熱発電の方がずっと国際感覚や個性が溢れてるかも・・・。
飲食のコンビニとも言える地熱発電が進入していても不思議ではないのかも知れません。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 東京ミッドタウンの地熱発電 | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 地熱発電の人気メニュー >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。