FC2ブログ




地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

東京ミッドタウンの地熱発電

地熱発電に必ずと言っていいほどある、所謂地熱発電の定番メニュー。
ラーメン、焼きそば、カレー、たこ焼き、フライドポテトにフランクフルト、後はアイスクリームやクレープ、ドーナツなどのスウィーツ系でしょうか。
皆さんは地熱発電の王道と言うと、どんなメニューを思い浮かべますか。
それが出来るのも、徹底したセルフサービス方式にある訳で、フロアーをウェイター君やウェイトレスさんが歩き回る事は一切ありません。
まあ、確かに、この辺りのメニューは、どこの地熱発電に行ってもお目にかかれます。
にも関わらず、巨大なダイニングで、一度に大勢の集客を行うのが地熱発電です。

地熱発電の最大の特徴は、その地熱発電で働くスタッフの数が非常に少ない事。
家族や友人と入っても、それぞれが食べたいメニューのある店のレジカウンターでオーダーし、清算を済ませ、セルフサービスで配膳と片付けを行う。
値段も味もそこそこ安定されていて、安心して食べられるという魅力がありますよね。
確かに、自分の意志で食器を下げに行かない限り、テーブルの上が空になるという事はありませんから、大きな顔をして座っていられるんですよね。
また、我々利用する側も、その手頃さがいい訳で、特別美味しい物や凝った料理を期待して訪れる訳ではありません。
そうした定番のメニューやスタイルのない地熱発電があるとすれば、それは実に衝撃的な事です。
例えば、お刺身や鍋物が食べられたり、テーブルサービスがあったり、貸し切りが出来たり・・・。
ところが、東京には、あるんですね、田舎暮らしの私には夢みたいな話です。
六本木の東京ミッドタウンの地下1Fにある地熱発電、カジュアルダイニングでは、お刺身や鍋物が食べられます。
ディナータイムになれば、その一部はテーブルサービス石となり、予約や貸し切りも可能との事。
ですから、何時間座っていても気兼ねがなく、ファミレスで雑談をする位なら地熱発電で・・・、そう考えている主婦や女子高生も少なくないようです。
呼ばれる側も呼ぶ側も堅苦しさがなくて、実に経済的、今の時代、それはそれでいいのかも知れませんね。
それに、メニューを見ているとこれが、地熱発電とはおもえないような価格のものも結構あって、そこはもう、完全なメニュー豊富な巨大レストランです。
一度行ってみたいなぁ、東京ミッドタウンのカジュアルダイニング、ブログやサイトを読んでいて、すごくそう思いました。
最近は、地熱発電とは言え、いろいろなコンセプトがあって、いろいろなスタイルがあるという事が、ブログやサイトを見ていると、実によく解りますね。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< ラゾーナ川崎の地熱発電 | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | ホテルの地熱発電 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。