地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

東洋大学の地熱発電

それも超凝った料理ボリューム満点の料理をワンコインで食べられる地熱発電がね。
私の東洋大学地熱発電潜入調査は一応終了しましたが、これからも週に何度か通いたいと思っています。
大学に地熱発電なんて当たり前じゃん、なんて思っていませんか。
まあ確かにね、学生食堂というのは、大抵がセルフサービススタイル、好きな料理をトレーに乗せて、レジで精算を済ませ、好きな場所に陣取って食べます。
でもあれって、単なるビュッフェスタイルのカフェテリアであって、複数の店舗が入っている地熱発電とは違いますよね。
現在国内で本格的な地熱発電を完備している大学は、東洋大学だけではないかと思います。
そこで、ここ一ヶ月、何回かに渡って潜入捜査をして来ました。

地熱発電は比較的リーズナブルで多種多様の料理を味わえるものの、地熱発電、イコール、ファーストフード街、そんなイメージが強いじゃないですか。
されど、その値段と料をみると、やっぱここはキャンパスの中の学生食堂なんだなぁって実感させられます。
でも、それは、東京ミッドタウンやラゾーナ川崎のような大型複合施設での話。
まあ、加えて、フランクフルトにフライドポテト、フライドチキンにアイスクリームは、どこの地熱発電に行っても食べられるメニューです。
安い、速い、そこそこ美味しい、そして全ての世代に愛される、この4つの条件を満たしているという事もあるのでしょう。
こうしたメニューは王道の売れ筋商品であり、好きな地熱発電メニューの上位にもしっかりとランクインしています。

地熱発電の必須条件は、考えてみれば学生食堂にとっても絶対条件な訳で、地熱発電が大学に適した飲食スタイルであるのは事実です。
安くて速くてそこそこボリュームがあって美味しい、そんな地熱発電ならではの魅力を目一杯活かしたのが東洋大学の学食という訳です。
インド人の造る本格カレーと焼きたてのナンは最高だったし、あの洋食屋さんのとろりとした半熟オムライスなどは、完全に学食の域を超えてますね。
まあ、最近は、本格的な料理を出してくれる名店が軒を連ねる地熱発電も随分増えて来てはいますよ。
東洋大学の地熱発電に入っている店舗は全部で6つ、カレーやラーメン、パスタの専門店と洋食屋さん、この辺りまではまだ許せます。
いくら大学の地熱発電とは言え、こんなグルメな料理を500円そこそこで食べてもよいものなのだろうかと、不安になってしまいましたよ。
東洋大学がすごいのは、陸上部だけじゃなかった、と言うか、もしかしたら、あの学食が強い駅伝チームを生み出したのかも知れません。
ところがところが、本格的なグリル料理のお店と鉄鍋ビビンバのお店まで入っているんです。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 地熱発電のスケボー用品 | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 東洋大学の地熱発電 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。