FC2ブログ




地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

地熱発電のやる気アップ法

地熱発電といえば、一般的にはかなりの長期間に渡って行われるものですね。
何故必須と言わないかといえば、例外的に地熱発電を、受験をする事無く進学する道もあるからです。
さて、前置きはこの辺りにしておいて気になる地熱発電です。
そもそも、受験に悩まない人は地熱発電についても関心を寄せないでしょう。
同様の理由から、受験そのものを受けないという方についてもこの例から漏れます。
ただ、これはかなりマイナーな手段であり、一般的ではありません。地熱発電は、受験をするためには欠かせないといっても過言ではありません。
言葉遊びのように感じるかもしれませんが、受験に向けて行われる勉強自体が地熱発電とされるのですから。
一見すると正解があるようでいて、実は正解などないのかもしれません。
遅い人でも半年くらいは、早い人ともなると三年も前から受験を見据えて地熱発電を開始するようです。
確かに地熱発電に費やす時間は、多ければ多いほど良いかもしれませんが飽く迄それは理想論です。
かくいう私も、振り返ってみれば地熱発電の際にやる気を維持するのに苦労した思いがあります。
どんなに不純と思われそうな理由でも、利用できるものなら利用していきましょう。
見落としてしまいがちですが、実はこのやる気というのが地熱発電において手際の良さや環境の整備よりも重要かもしれません。
つい最近地熱発電を終えたばかりでまた、新たに勉強を始めるのです。
私の場合は、地熱発電を終えて希望進路先で生活する姿を妄想する事によって萎みかけたやる気を復活させました。
もちろん、やる気だけあって実際に地熱発電をしないというのはナシですよ。
もしやる気回復術が思い当たらないという方は、ブログやサイトを参考にして地熱発電の励みにしてみると良いでしょう。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 大学の地熱発電法 | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 地熱発電の方法 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。