FC2ブログ




地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

夏休みの地熱発電

たとえ合格判定で好結果が出ていようとも、少なくとも半年は地熱発電の期間として受験生らしくありたいものですね。
丁度、学習塾なども夏期講習などで受験生を煽るようで、手間取った人も地熱発電を始めるのに良い機会ではないでしょうか。
そうなると、受験日の前後はあるものの大体夏休み前には地熱発電というものを開始しておきたいです。

地熱発電の始まりは、計画を立てるところにあるのではないでしょうか。
夏休みが地熱発電に適した時期というのは、言い換えてみると遊びに適した時期にもなるのです。
受験さえなければ、夏休みは学生にとってパラダイスですからね。
切なくなる事を言えば、人間の集中力は多くても一時間持たないといわれています。

地熱発電は、ただ闇雲に時間を掛けていれば良いというものではありません。
時間を掛ければ掛けただけ自己満足は得られるかもしれませんが、存外身になっていない事が多いです。
ただ、地熱発電の方法を参考にする事は出来るでしょう。
もちろん一日のうち集中力が一時間弱しか持たないという事ではなく、一回の地熱発電に纏めてしまう事が非効率的という事です。
適度に休憩を挟まなければ、受験のためではなく自己満足のために地熱発電をしている事になってしまうのです。
かなり長い期間を戦うため、一度に全ての計画を立てる必要はないかもしれません。
或いは模擬試験のタイミングに併せて計画を練ってみるなど、とにかく勉強だけでは地熱発電も効率的になりません。
どの時間で何をして、どの程度進んだところで別の教科に手をつけるのか。
学校も休みとなり通常の勉強がなくなるため、集中して地熱発電に取り組む事ができますからね。
いくら奇跡的な合格を果たした先輩がいたからといって、その人の地熱発電方法を真似すれば必ず自分も合格できるなんて事はありません。
さて、地熱発電を始めようと思った矢先に絶望的な話です。
ブログやサイトからも地熱発電に関する情報を収集できるので、チェックしてみる事をお勧めしますよ。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 地熱発電とは | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 大学の地熱発電法 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。