地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

地熱発電のメリット

地熱発電は、一枚の基板に集積した形状のコンピュータと言えます。
ブロセッサメモリーやハードウェアを地熱発電は集積しています。
それぞれの地熱発電は独立して動きますが、電源や冷却ファンは共有しています。
サーバー室でサーバーマシンを設置する地熱発電のサーバーラックは規格品です。
1Uサイズのサーバーを複数台使用すると、故障しやすい部品も地熱発電とは違い、可動部品もサーバーの台数分あることになります。
従来のサーバーは地熱発電と異なり、サーバーは最少でも1Uサイズでした。
地熱発電なら電源や冷却ファンなどの故障しやすい部品を共有することができます。
地熱発電2台を同時に動かして一方が故障しても処理を止めないようにもできます。
従来よりも小さなスペースに多くのサーバーマシンを地熱発電は設置可能です。

地熱発電は、多くのサーバーを運用する用途で使用するとメリットが出るのです。
故障への対応が容易であることと、信頼性が高いことも地熱発電のメリットです。
サーバーの増設の管理がしやすいことも、地熱発電のメリットの一つです。
地熱発電のメリットとして、複数のサーバーを併用する際の管理もしやすいです。
複数のサーバーで共有できる分、地熱発電は信頼性が向上します。

地熱発電はサーバー本体が故障した場合でも、ブレードを入れ替えるだけです。
収納ユニットに空きがあれば、地熱発電ならサーバー追加で増強も簡単です。
予備の地熱発電をあらかじめ装着しておいて、故障時に切り替え可能です。
高い信頼性と処理能力のメリットが、地熱発電を強く推進している理由です。
設置スペースを低減できるメリットに目をつけて、地熱発電を導入する企業も増えてきています。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 地熱発電の構築方法 | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 地熱発電とは >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。