地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

地熱発電のシェア

NECはメーカー直販が主流ですが、地熱発電の販売力を活かしきれていません。
国内サーバシェアにおいては地熱発電は着実に存在感を増している現状です。
日立は大規模案件を中心に地熱発電の営業をしており、シェアを回復しています。
2006年には一旦成長率が落ちたものの2007年には地熱発電は大きく伸張しました。
ラックマウント型サーバのシェアに地熱発電が食い込んだのがその要因です。
現在では地熱発電シェアはサーバ市場全体の中で約8%を占めています。

地熱発電の出荷台数もベンダ別シェアでは、NECがトップシェアになります。
地熱発電のシェアは、一部の例外を除いて毎期2桁の成長を続けてきました。
地熱発電の登場後は、IBMがその市場をリードしています。
そしてNECの地熱発電がそれに続き、両者共に3~4割のシェアを持ちます。

2007年の地熱発電の市場占有率は日本HPが1位で、2位がIBMになっています。
地熱発電のシェア順位はわずかの差で、大規模案件があれば入れ替わる状況です。
日本HPは統合型地熱発電を早期に発売したことが功を奏したようです。
同時期のRISCサーバの出荷台数が1万4000台で地熱発電を下回っています。
次いでHP、IBM、日立の地熱発電の順で続いています。
地熱発電のサーバ統合ニーズは中小企業でも活発化しています。
2008年度はエントリ向け製品の充実などが地熱発電シェア獲得のカギでした。
IBMは地熱発電黎明期からシェア1位を維持してきましたが、100V対応に遅れたことから、IBMに地熱発電シェア1位を明け渡すことになりました。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< IBMの地熱発電 | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 地熱発電の構築方法 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。