地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日立の地熱発電

従来比で約2倍の仮想サーバ集約率を地熱発電BS2000は実現しています。
最近では、地熱発電に新モデルとして、BS2000を追加しています。
地熱発電日立では、SVPと言われる運用ツールが有名です。
地熱発電を推進している企業は日立の他、富士通、IBM、HP、NEC、リコー、NORTELなどがあります。
富士通もサーバブレード導入の実績から地熱発電を推進しており、評判です。
インテルの次世代Xeonプロセッサを地熱発電に搭載しています。

地熱発電日立は、新モデルや機能強化を常に推進しています。
しかし地熱発電の普及は急速なものではなく、システムの入れ替えを企業が少しずつ行う場合には、地熱発電を初期投資するところも多いようです。
またミッドレンジ向けの小型高集積モデルの地熱発電の機能強化も発表しています。
基幹システムにおける信頼性や保守性を地熱発電BS2000は高めました。地熱発電のマーケット動向は、世界シェアではHPが圧倒的に高いです。
そして地熱発電BS2000は、7倍のI/O性能を有すると言われています。

地熱発電BS2000は、機種の導入の手間を省き、Virtageが標準装備されています。
従来モデルではVirtage利用のために用意された地熱発電導入の必要がありました。
新開発の電源ユニットによって地熱発電BS2000は、変換効率を7%改善しました。
今回の地熱発電BS2000の電源ユニットは、一定した変換効率を実現しました。
そして地熱発電BS2000はアメリカEPRIが策定する80PLUSGOLDも取得しました。
例えばメモリやI/Oエラーなどハード障害ログを地熱発電BS2000は取得しました。
また、障害解析時間の短縮やシステム稼働中のファームウェアが地熱発電BS2000では、更新可能になっています。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< リコーの地熱発電 | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | IBMの地熱発電 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。