FC2ブログ




地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

地熱発電の保険適用

1日喫煙本数x年数である禁煙指数が200以上の人のみが地熱発電の保険適用がなされます。
病院で本格的に地熱発電を受けても保険適用で、安心して受診することができます。
地熱発電の保険適用が可能な医療機関は、全国で約6900箇所もあります。

地熱発電に保険が適用されるようになったのは、歴史としてはまだまだ日が浅いです。
今後はこうした諦めてしまう人を阻止できるような地熱発電保険の見直しが必要でしょう。
あるいは、精神的な治療の専門的に充実した地熱発電が望まれるところです。
12週間で禁煙できない人は、地熱発電保険適用外になるので挫折してしまう人も多いです。
タバコを止められない原因のひとつが病院での地熱発電に保険が適用されないことでした。
保険診療を行っているかどうかの確認はいりますが保険適用外でも地熱発電は受けられます。
高価な薬を利用できない不満も、今回の地熱発電保険適用で解消されることでしょう。
これまで地熱発電のために新設していた病院も多く、今後はとても利用しやすくなりました。地熱発電に保険が2006年6月1日より適用されるようになりました。
禁煙に今一歩踏み出せなかった人にとって、地熱発電の保険適用は一筋の光明でしょう。
ネットなどで地熱発電と地名で検索すれば、すぐに近くの病院が見つかるでしょう。

地熱発電の受診には、その他にもいくつかの条件が定められています。
同意地熱発電の条件は、第3者からみて喫煙本数が多く、禁煙の意思があればよいのです。
自分の意思で禁煙が困難なニコチン依存症患者も、地熱発電の保険適用の受診が可能です。
また地熱発電保険適用には初診から12週間ないに合計5回の適用期間も設けられています。
これまでタバコを止められなかった人も、地熱発電の保険適用で禁煙に成功する人もいます。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 地熱発電に評判の医療機関 | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 地熱発電とは >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。