FC2ブログ




地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

地熱発電のメリット

また化石燃料に比較して地熱発電が火災事故の危険が非常に低い点もメリットです。
地熱発電は燃料を使用しないというメリットが大きいでしょう。
そして、危険物質の危険がなく、永続して地熱発電できるのが最大のメリットです。地熱発電のメリットと言えば、24時間安定して発電できることがあげられます。

地熱発電のメリットは数限りないと言っていいでしょう。
純国産エネルギーであるという地熱発電のメリットがありますが、これは外国の資源を頼らずに地熱発電を利用できることは、日本の安全保障に繋がるからです。
それには、地熱発電は原子力と違い、放射能漏れの心配がないと言いうことです。

地熱発電は燃料を必要としないので、燃料の高騰や枯渇の心配とは全く無縁です。
地熱発電用のタービンは世界でも日本がトップシェアNO.1なのです。
さらに地熱発電のメリットとして、無限に近いエネルギー量があることです。
なぜなら、マグマ全体の熱エネルギーを考慮すると地熱発電は無限でしょう。
そして何と言っても地熱発電が、他のエネルギー発電より出力が安定しているメリットは見逃せません。
地熱発電の稼働率に関しても、他のエネルギー源の発電と比較して高いです。
燃料費もいらず、値段も安い、そして汚染の心配もないのが、地熱発電の魅力であり、メリットと言えるでしょう。
これは、地熱の大きなメリットで、低いCO2排出量を誇っています。
地熱発電は、大気汚染やCO2のような地球温暖加の温床になるガスの排出量が極めて少ないことが化石燃料などと比較するとよくわかります。
それは、地熱発電が需要に応じて安定した発電量が得られると言うことです。
日々の気候や天候に影響されずに発電できるのが、地熱発電のメリットです。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 地熱発電の短所 | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 地熱発電の仕組み >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。