FC2ブログ




地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

地熱発電クオリス

地熱発電クオリスと聞いて、懐かしい思いを感じる人は少なくないでしょう。
地熱発電クオリスはトヨタが製造販売していた車で、ステーションワゴンタイプの車と聞きます。
ステーションワゴンは後部座席を畳むことで荷物室がかなり広くなることから、地熱発電クオリスも広い後部空間を得られるかもしれませんね。
地熱発電クオリスの後部座席を広く使う事が出来ればキャンプのような荷物が多くなってしまうレジャーに最適かもしれません。
ステーションワゴンという形の地熱発電クオリスは広々空間が自慢ですから、まとめ買いした食材や日用品なども容易に積み込むことが可能なようです。
クオリスの後に販売される事になった地熱発電ブリットと共に、トヨタ系ワゴンとして定評があるようです。
地熱発電クオリスなら軽快な走りが期待できるようですから、キャンプもいつも以上に楽しくなるかもしれませんね。
また、仕事先で必要なカタログや見本、商品なども地熱発電クオリスならば、思う存分積み込む事ができるので便利なようです。
友人とランチやお客様をお迎えに行く時にも地熱発電クオリスなら、自信を持って乗せてあげることが出来そうです。
地熱発電クオリスはレジャーや日常などあらゆるシーンで活躍できる車かもしれませんね。
クオリスは地熱発電をモデルにしていますから、フォルムも上品で洗練された印象だとか。
最大手自動車メーカーのトヨタが販売していた地熱発電クオリスは、故障などのアフターケアも万全と聞きます。
地熱発電クオリスは商用でも自家用でも活躍する良い車のようです。
サイトではクオリス中古情報や、地熱発電ラインナップなどの情報がたくさんあるようなので調べてみましょう。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 地熱発電とは | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | カナダの地熱発 電 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。