FC2ブログ




地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

地熱発電の歴史

フィリピンは火山国なので地熱発電大国と言えるでしょう。
それが世界で初めて出来た地熱発電所と言えます。
世界の地熱発電設備容量では、アメリカが首位で、約9割がカリフォルニアに集中。
そして、ネバダ州やユタ州、ハワイ州で地熱発電が行われています。
アメリカ連邦のエネルギー省では、西部、何部の州で地熱発電開発を進めています。
それには地熱発電の候補地の多くが、国立公園や国定公園に指定があるからです。
そしてアメリカの次に地熱発電の容量が多いのは、フィリピンのようです。
約100年以上の地熱発電の歴史があり、非常に長いものと言えます。
日本においても90年前から地熱発電が行われており、その歴史は古いと言えます。
そして1925年に初めて地熱発電に成功しています。
探査に要する長期間の調査においても地熱発電は大きなリスクをかかえています。
近年では、地熱発電の費用対効果も向上しているという報告もあります。

地熱発電の日本の歴史を振り返ると、1919年に大分県で開発が始まっています。
その理由には、地熱発電に対する地域住民の反対や法律上の規制などがあります。
また、温泉観光地も地熱発電の開発候補地となることが多く、温泉の枯渇や景観を損ねるとの懸念が強く指摘されています。
国立公園などの地熱発電開発には法的な規制もあり、問題解決は容易ではありません。

地熱発電の歴史的背景には、日本が火山大国で地熱発電に有効な国であるにもかかわらず、上手く推進できなかったことがあげられます。
地熱発電の開発費用も莫大なので、今後は政府の補助金引き上げ対応も必要でしょう。
新エネルギーとして地熱発電が有効に認められるまでには、まだまだ長い歴史が必要なのかもしれません。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 地熱発電とは | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 地熱発電の特徴 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。