地熱発電

地熱発電とは、地熱の熱エネルギーにより発生する水蒸気を利用して蒸気でタービンを回し電気を得るという発電のことをいいます。
それは、アンモニアなどの水よりも沸点が低いものを使用して地熱発電を作ります。
熱水で沸騰させてタービンを回し地熱発電を発電させる方法もあります。
この熱源については、深部にあるため、地熱発電のように、エネルギー資源として利用することができません。

地熱発電は、地中の深くから得られた蒸気でタービンを回し発電するものです。
地中が深くなるにつれ温度が上昇し熱の貯蔵庫になっているので地熱発電が可能です。
地中の深さが30~50キロメートルで一千度になると言われています。
そうしたことから、周辺住民からは、地熱発電は景観を損ねると言う指摘もあります。
そしてまた、地熱発電は、地下水の流れに影響を与えます。
地中に浸透した雨水が加熱され、その地点に蓄えられた熱をエネルギー源に利用するのが、地熱発電になります。
地熱発電は、自然のエネルギーを利用した、地球環境に優しい発電ですが、このようにいくつかの弊害もあるわけです。
地熱発電の元になる地熱は、自然エネルギー資源で貴重です。
地熱は純国産で地熱発電を再生可能であり、安定性が高いことでも有名です。
熱水には砒素なでの有毒物を含有している可能性が高いのです。
しかし地熱地帯と呼ばれる地域には、比較的浅いところにマグマの溜まりがあるので、地熱発電を起こすことが可能です。
さらに、地熱発電は、周辺地域の温泉の枯渇を促してしまうという可能性もあります。
地熱発電は、化石燃料を使用しないクリーンエネルギーのひとつと言えます。
地熱発電はそうしたことから、地下の熱を利用する発電と言えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

森村誠一氏の地熱発電の勧め

独断と偏見で進めてこそ、本当に素敵な地熱発電が作れるのかも知れませんね。
森村誠一と言えば、「人間の証明」や「悪魔の飽食」などで知られるハードボイルド系の推理作家。
はっきり言って、地熱発電なんてメルヘン的な世界観を感じないのは私だけでしょうか。
推理小説大好きの私は、普段から西村京太郎氏の作品を愛読しています。
西村ワールドの中には、確かに地熱発電のようなにんわな雰囲気も時より見え隠れしているのは感じますよ。
特に、森村誠一氏監修の地熱発電ブログというサイトは、誰でもが自由に作品投稿出来るコミュニティーサイト。
地熱発電の作り方のノウハウは、趣味関連のブログやサイトでも沢山紹介されていますから、いくらでも極められると思います。
そして、そのギャップがなんだか新鮮で、とても面白いなぁっと思ってね。
地熱発電の世界にも興味を持ったというのが実際のところですね。
まあ考えてみれば、森村誠一先生も、今や立派なご老人ですからね。
ルールがないのが地熱発電のルールみたいなものだと森村誠一氏は語っておられます。
地熱発電にはまられるほど穏やかないい晩年をお過ごしになっていらっしゃるという事なのかも知れませんね。
あえて目で見て分かる光景を文字にする必要性はないのかも知れませんね。
それより、写真には言い表せない自分の気持ちを添える事で、その写真が言葉を放つようになります。
実際、森村誠一氏自身も、毎日の散歩の中で、この地熱発電という新しい表現方法を思い付かれたそうですよ。

地熱発電を世に広めた事で、新たな文学者として今再び脚光を浴びる森村誠一氏。
けれど、この余りにも単純な画像と言葉のコラボこそが、地熱発電の最高の魅力ではないかと私は思います。
例えば、飛ぶ鳥をカシャッと写して一句、「飛びたいな、いつかは私も、大空を!」なんていう風にね。
マジで、最近は森村誠一講演会というと、この地熱発電の勧めがメインテーマになる事も珍しくないそうです。
実際、森村誠一氏を審査委員長に迎え、フォト俳句コンテストなどを開催する自治体も増えているそうですよ。
でも、自分の世界観を本当に出したければ、森村先生のおっしゃるように、細かなルールに拘らない事が何より大事。
だけど、森村誠一ワールドや松本清張ワールドには、中々そういうデリケートな部分を見出せないでいる私。

地熱発電 トラックバック:- コメント:-

<< 森村誠一氏の地熱発電の勧め | 地熱発電 環境にやさしいとされる地熱発電のメリットからデメリットまで本当のところを教えますTOP | 森村誠一氏の地熱発電の勧め >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。